無垢材の家のススメー校舎の温度、湿度と健康ー

無垢材の家のススメー校舎の温度、湿度と健康ー

長い時間イスに座って勉強する子供たちは、床付近の温度、湿度で影響を受けます。同じ敷地に建てられた、木造校舎とコンクリート造校舎で調べると、壁などの材料が教室の温度、湿度に大きく影響していることが認められました。
例えば、木造教室は鉄筋コンクリート造教室に比べて、室内の温度差が少ないのです。湿度も50%前後に保たれやすく、木造教室は快適な温度、湿度の環境がつくられやすいのです。
■均質な暖かさになる木造教室
木造と鉄筋コンクリート造の教室で、温度、湿度がどのように変化しているかを調べたのが下記の図です。冬の学習時間帯に1階教室の足元付近の温度、湿度を1時間ごとに測定しています。
木造教室ではほとんどの時間帯で15度前後で、暖かくすごしやすい温度となっています。鉄筋コンクリートの教室では、10度以下で湿気の多い時間帯も目立ちます。
zh1 - 無垢材の家のススメー校舎の温度、湿度と健康ー


阿蘇小国杉・無垢床材・フローリング|穴井木材工場
https://mokuzai-ogunisugi.com
Foreque ECサイト
http://anaimokuzai.shop-pro.jp
穴井木材工場 Facebook
https://www.facebook.com/anai.wood.factory/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。