こだわり

熊本県産小国杉の原木を使用

小国杉の特徴としては、油分を多く含んでいるので柔軟性に富み強靭な構造材がとれます。
また、油分を多く含むため、汚れがつきにくくツヤが出るので内装材にも最適です。
さらに、寒暖の差が大きい気候により、年輪の木目が細やかになり家屋の材料に最適です。
穴井木材工場では、この豊富な木材資源を利用し、建築材に関わるすべての製品をつくっております。

製材所の本来の役割を担う

1本の丸太から最大限の価値を引き出す製品づくりを心がけています。
家を建てる上で必要な木材の全ての部材を、自社だけで生産することが製材所本来の姿であると考えています。
そのため、お客様からの注文にはできる限り対応することを目指しております。

製材所の本来の役割を担う

地球温暖化が危惧され、化石エネルギーから循環利用可能な再生エネルギーへの転換が大きな課題となっております。
弊社では、バイオマスボイラーを導入しております。木材を乾燥するために使用する灯油の代わりに廃材を利用しております。
また、製品に使用するボンドや、塗料もすべて環境と健康に優しい素材を利用しています。